現在の位置 : ホーム > 債務整理・借金
業務案内

田尻司法書士事務所の業務案内 債務整理・借金

債務整理・過払いは受任から解決まで司法書士がきめ細かく対応しています。
「無料相談実施中 着手金も不要です」

債務整理・借金問題の解決

1.受任から解決まで司法書士が担当しています。2.進捗の節目ごとに依頼者の意思を確認しています。3.依頼者の希望を踏まえ、可能な限り有利な解決方法で臨んでいます。

詳しくはこちら
田尻司法書士事務所は着手金・減額報酬は0円 過払い金の成功報酬は、訴訟する、しないに関わらず合意額の15%です。詳しくは、費用一覧表をご覧ください。

1.債務整理とは

債務整理は、クレジット・サラ金等の借金で、以下のように

①何年も返済を続けてきたのに一向に借金が減らない
②破産しないで、債務を返済したい
③破産したいが、破産するとどうなるか心配
④住宅ローンの支払いが残っているが、自宅は残したい
⑤司法書士等に依頼したいが、その報酬の支払いが心配

等でお悩みの場合に、相談者の状況に応じて問題を解決する方法です。

2.債務整理の手続の流れ

①ご相談

②状況把握

③債務整理の手続選択

Ⅰ任意整理
各債権者と個別に借金の減額・分割交渉を行い和解する債務整理方法

Ⅱ自己破産
免責を受けて、全ての借金の支払義務が無くなる債務整理方法

Ⅲ個人再生
自宅等を守りながら借金を圧縮する債務整理方法

Ⅳ特定調停
裁判所に申立を行い調停委員が仲介に入り和解する債務整理方法

※(注)それぞれの手続についてメリット・デメリットがあります

④手続き開始

⑤債務整理完了 (手続の種類により期間が異なります)

3.ご準備いただく資料、情報

最低限必要なものは、

契約書・明細書・領収書等の「借金の内容がわかる資料」

預貯金・不動産・事業等の「財産がわかる資料」

これらの資料がない場合でも、対処できますので、まずご相談ください。

4.司法書士に依頼していただくメリット

司法書士が、まず丁寧にお話を伺います。
そして、司法書士に債務整理を依頼した場合、消費者金融やクレジット会社等の債権者に対して、今後の交渉は司法書士に対して行うよう受任通知を発します。

そのため、その後の借金の督促や取立ては原則的に止まります。
その後、問題解決まで適切な手続をご提供いたします。

■個人信用情報に関する報道について (2010年1月)
金融庁は、貸金業者が融資の判断基準として使用している信用情報から、借り手が「過払い利息」を返還請求した履歴を削除させる方針を明らかにしました。返還請求の履歴がある人は履歴を削除されることで、新規融資を受けやすくなるものと考えられます。

ご相談はこちら
来所ご予約 075-393-1550 ご相談について、まずはお電話でご予約ください 女性・男性の司法書士 常駐 相談しやすい事務所です。
無料相談会 開催 個室の相談室あります!
携帯サイトQRコード QRコードを読み取って携帯サイトへアクセス!